image

たまごふわふわ

江戸時代のめいぶつ料理「ふわっ」と食感!
「たまごふわふわ」とは、実に変わった名前で好奇心を掻き立てますが、れっきとした江戸時代の名物料理です。
1813年大阪の豪商「升屋平右衛門」の旅日記「仙台下向日記」には、袋井宿の大田脇本陣で朝食の膳に載った記録があります。
袋井市観光協会は、袋井の新名物にと江戸時代の料理本を元にこれを再現しました。
日本最古のたまご料理
1626年京都二条城にて開かれた将軍家の饗応料理の献立の一品でもあり(日本料理事物起源・岩波書店)、当時は武士や豪商が食したセレブ料理でした。 200年以上の時を経て袋井の新名物「ご当地B級グルメ」として全国的に知られるようになってきて、今では遠方からわざわざ袋井に食べに来てくださる方も少なくありません。
材料は「卵」と「だし汁」だけのシンプルな料理ですが、「ふわっ」とした食感と風味豊かな味がお楽しみいただけます。
はるか昔、江戸時代の名物料理をご賞味ください。

 
お電話・FAXでのお問合せ・お申込みはこちら
TEL/0538-43-1006 FAX/0538-44-3189
フォームからのお問合せ・お申込みはこちら
袋井市観光協会 〒437-0027 静岡県袋井市高尾1211-1(JR袋井駅北口正面)
TOP
最新情報
<袋井市のご案内>
遠州三山 自分巡礼の旅
観光の見どころ
お食事/ご宿泊
おみやげ
そのほか
三日坊さんの旅
たまごふわふわ
ふくろい自転車旅研究会
ギャラリー
リンク
お問合せ・お申込み
フェイスブック
ブログ