オクユキフクロイ

モデルコースModel Course

Model Course 03
爽快サイクリング旅

旧東海道から茶畑、
そして太平洋!
景色がクルクル変わる
サイクリング旅

海あり山あり、そして旧東海道や太平洋沿いのサイクリングロードなど変化に富んだ袋井の道。そして、長い歴史を持つ寺社やこだわりのある郊外のカフェなど、立ち寄りスポットも充実。ゆったりと道中を楽しむサイクリングなら袋井がおすすめです。

START

JR袋井駅を出発!

仲間と合流しやすい袋井駅。ここをスタート地点にするサイクリストが多くいます。北口の袋井市観光案内所で観光スポットの情報収集をすることもできます。

袋井市観光案内所
POINT 01

江戸時代を感じる旧東海道松並木

東海道五十三次のちょうど真ん中にあたる袋井宿。多くの人や物が往来した東海道の面影を残す松並木を走り抜けます。途中、冨士浅間宮本殿への参道の入り口に建つ赤鳥居を見ることもできます。

ここもおすすめ!

  • 東海道どまん中茶屋

  • 袋井宿場公園

POINT 02

遠くに見えるエコパへ向かってグイグイ

緩やかな傾斜を上る小笠山周辺は快適に走ることができるエリア。2002FIFAワールドカップやラグビーワールドカップ2019の熱戦の舞台になった小笠山総合運動公園エコパは迫力たっぷりで一見の価値あり。5万人収容のスタジアムは間近で見ると迫力満点!

小笠山総合運動公園エコパ

ここもおすすめ!

  • 法多山尊永寺

  • 明香寺

POINT 03

緑が広がる茶畑ロードを爽快に駆ける

エコパから法多山尊永寺を経由して南に向かって走ると、茶畑を目にすることができます。4月下旬から5月上旬の収穫時期には、茶摘みの風景も見られます。爽やかな緑に囲まれて心地よく走れるエリアです。

ここもおすすめ!

  • 名倉メロン農場

  • デンマーク牧場

POINT 04

秋ならコスモス、
春なら桜を探しながら

袋井の秋は公園や休耕田、堤防などで栽培されるコスモスが見所のひとつ。サイクリング中にコスモスに出会ったら自転車を停めてひと休み。春には市内のあちこちで桜も楽しめます。

POINT 05

そして浅羽海岸で風になる

南に向かって走り目的の浅羽海岸に到着。どこまでも続く水平線や穏やかに打ち寄せる波、爽やかに通り抜ける潮風。長いルートを走ってきた疲れを吹き飛ばしてくれる景色に出会えます。太平洋岸自転車道に沿って海を眺めながら、気持ち良く走ることもできます。西に少し進めば食事ができる「渚の交流館」や太平洋を一望できる「浜辺のプロムナード展望台」もあります。

ここもおすすめ!

  • 渚の交流館

  • 浜辺のプロムナード展望台

今回のコースはこちら

インタビューinterview

サイクリスト目線での袋井の魅力は?
撮影にご協力いただいた、「遠州ゆるゆるガイドライド」でガイドサイクリスト務める3人の方に聞ききました。

  • 山あり海ありで、季節に合わせて様々なコース設定をできることが魅力です。エコパスタジアムを中心とした特設コースを走る大会「ツール・ド・エコパ」も行われていて、スポーツライドに挑戦してみたい方におすすめです。
    ツール・ド・エコパ公式サイト
  • 袋井市の魅力は、花を見たり季節を感じながらゆったり走れること。袋井市街から森町方面に、太田川沿いに走ることが好きです。土手沿いに季節の花が咲いていてとても和みます。「モータの店」のソフトクリームはおすすめです!
    太田牧場直営店「MOTAの店」
  • 可睡齋、油山寺、法多山尊永寺など、袋井は由緒あるお寺が多いので、そんなお寺巡りを自転車でできることが魅力だと思います。自然や文化を感じられるサイクリングコースというのは、なかなかないと思います。休憩しながら、ゆったりと走ってみてください。